杉野目家住宅 すぎのめけじゅうたく

住居建築 / 昭和以降 / 北海道 

北海道
昭和前/1933
木骨煉瓦造2階建、鉄板葺、建築面積231㎡
1棟
北海道札幌市中央区南19条西11丁目1-25
登録年月日:19991014
登録有形文化財(建造物)

チューダー様式を参考にデザインされた木骨煉瓦造2階建住宅。破風部の湾曲した木組などにその特徴が表れる。北海道帝大理学部教授の住宅で,北海道帝大技師営繕課長萩原惇正の設計による。市内最初の集中暖房住宅としても知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

杉野目家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遠藤家住宅蔵
黒田家住宅蔵
黒田家住宅主屋
沼田家住宅旧第二りんご倉庫
北星学園創立百周年記念館(旧北星女学校宣教師館)
ページトップへ