平安神宮大鳥居 へいあんじんぐうおおとりい

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1928
鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、高さ24m、幅18m
1基
京都府京都市左京区岡崎成勝寺町・岡崎円勝寺町
登録年月日:20020821
宗教法人平安神宮
登録有形文化財(建造物)

昭和天皇大礼を記念して建てられた。設計は京都府技師の阪谷良之進。構造は鉄筋コンクリート及び鉄骨造、形式は明神鳥居で、幅18m、高24mになり、当時国内最大であった。柱が太いプロポーションが特徴で、洛東岡崎のシンボルとして広く親しまれている。

作品所在地の地図

関連リンク

平安神宮大鳥居チェックした作品をもとに関連する作品を探す

京都市美術館本館
平安神宮神楽殿
京都市美術館正門(南)
京都市美術館北門
京都市美術館正門(北)
ページトップへ