旧鴻池新田会所 屋敷蔵 こうのいけしんでんかいしょ やしきぐら

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸中期/1746
土蔵造、桁行7.8m、梁間4.9m、二階建、切妻造、本瓦葺
1棟
大阪府東大阪市鴻池元町674番地の3及び4
重文指定年月日:19800126
国宝指定年月日:
東大阪市
重要文化財

河内平野を流れる大和川の付け替え後、町人請負として開発された鴻池新田の会所で、宝永年間に開設された。周囲に堀を回した敷地の中央に本屋が建ち、その北に屋敷蔵、西方に文書蔵・米蔵・道具蔵が並ぶ。本屋は大規模で、土間には豪壮な梁組を見せるが、床上部は質素であり、また、屋根は破風を多用して城郭風の趣もみせるなど、会所の建築としての特色をよく示している。
四棟の蔵は屋敷構えの一環として重要であり、米蔵が特に大規模なのも特色の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

旧鴻池新田会所 屋敷蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧鴻池新田会所 米蔵
旧鴻池新田会所 文書蔵
旧鴻池新田会所 道具蔵
旧鴻池新田会所 本屋
鴻池新田会所跡
ページトップへ