田舎家の前の人々 いなかやのまえのひとびと

油彩画 

ゲインズバラ、トマス (1727-1788)
げいんずばら、とます
イギリス
1772-73年
油彩、カンヴァス
149.0×120.0cm
1

日の暮れかかる田園風景。樵夫が一日の仕事を終え、家族の待つ田舎家に戻ってきた場面。抒情性に富んだ牧歌的田園画のなかに、理想化された農民たちの姿が描き込まれている。特に、家の前に描かれた家族の姿は、実際の田園にいるというよりは、むしろアトリエでポーズをとっているかのようにみえる。本作のように、人物画と風景画の中間に位置する絵画は一般的に「ファンシー・ピクチャー」と呼ばれ、ゲインズバラの得意とした作画法である。

作品所在地の地図

関連リンク

田舎家の前の人々チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

少女と犬
少女と犬

レノルズ、ジョシュア

小川のある森の風景
小川のある森の風景

ロラン、クロード(クロード・ジュレ)

春、朝、曇り、エラニー
春、朝、曇り、エラニー

ピサロ、カミーユ

もの思い
もの思い

コロー、ジャン=バティスト・カミーユ

ページトップへ