旧中村家住宅(旧所在 岩手県盛岡市南大通) 主屋 なかむらけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 東北 

岩手県
江戸末期/1861
桁行9.6m、梁間15.9m、一部二階、切妻造、東面及び西面庇付、
南面突出部附属、こけら葺
1棟
岩手県盛岡市愛宕町14番地1号
重文指定年月日:19711228
国宝指定年月日:
盛岡市
重要文化財

中村家は盛岡の豪商で呉服、糸などを商っていた。片側に通り土間をとり、部屋を二列にならべる間取りは町屋の典型である。建物の年代は新しいが、東北地方に数少ない町屋であり、残存状況は良い。近く旧南部邸に移築の予定である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧中村家住宅(旧所在 岩手県盛岡市南大通) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧中村家住宅(旧所在 岩手県盛岡市南大通) はかりば
旧中村家住宅(旧所在 岩手県盛岡市南大通) 土蔵
熊谷家住宅(山口県萩市今魚店町) 主屋
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 土蔵
千葉家住宅(岩手県遠野市綾織町) 主屋
ページトップへ