久田見の糸切りからくり くたみのいときりからくり

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19751208
保護団体名:久田見の糸切りからくり保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 四月四日、五日(四月の第一土曜日、日曜日)に行なわれる白鬚神社・神明神社(岐阜県加茂郡八百津町)の祭礼の際に、花山車の上で演じられるからくり人形である。関ヶ原合戦後、久田見を領した稲葉方通によってこの祭がはじめられ、からくり人形もはじめられたと伝えられている。
 屋台や山車などの上で行なわれるからくり人形は全国各地にあるが、久田見の糸切りからくりは、二輪の花山車であるのが特色で、このためからくり人形の仕掛けも特殊になっている。操り師の引く糸は「うけひ」(第一台座)で歯車に接続し、基盤台(第二台座)の歯車を経て、「からくり台」(最上の台座)まで歯車で接続され、人形は別に肢体をからくり糸で動くように作られている。繰り師と人形を結ぶ糸は歯車によって一旦切られているので、これを糸切りからくりと呼んでいるのである。からくり機構の一つの形式を示すものとして貴重である。

関連リンク

久田見の糸切りからくりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

知立のからくり
薩摩の水からくり
知立の山車文楽とからくり
益田の糸あやつり人形
日立風流物
ページトップへ