福住旅館 萬翆楼 ふくずみりょかん ばんすいろう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 関東 

神奈川県
明治/1878
木造、建築面積105.76m2、三階建、桟瓦葺
1棟
神奈川県足柄下郡箱根町湯本643番地
重文指定年月日:20021226
国宝指定年月日:
有限会社湯本福住
重要文化財

福住旅館は,箱根湯本の老舗旅館で,早川に面している。北の萬翆楼は明治11年中に南の金泉楼は明治10年6月までに,それぞれ竣工している。
 構造はともに一・二階を木骨石造とし,三階は漆喰塗仕上げの土蔵造で,寄棟造,桟瓦葺である。内部意匠は各室とも想を凝らしており,奇巧性に富んだ意匠や仕掛けが随所に見られる。
 福住旅館の萬翆楼と金泉楼は,二棟間の中央に玄関を設ける建築構成や,三階をひとまわり小さく造る階層構成に特徴がある。
 これらは,ともに明治初期の木骨石造建築の技法を伝える遺構として,また数少ない擬洋風建築として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

福住旅館 萬翆楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

福住旅館 金泉楼
福住旅館別荘石蔵
絵葉書「箱根湯本福住温泉旅館」
四階楼
福住樓主屋
ページトップへ