Hirosekejuutaku Shinzashiki

旧広瀬家住宅 新座敷

Details

Hirosekejuutaku Shinzashiki

旧広瀬家住宅 新座敷

住居建築 / 明治 / 中国・四国

愛媛県

明治/1889

木造、建築面積132.66m2、桟瓦葺及び銅板葺、西面湯殿、
主屋間・湯殿間各渡廊下及び西面高塀附属

1棟

愛媛県新居浜市上原二丁目3904番2

重文指定年月日:20030530
国宝指定年月日:

新居浜市

重要文化財

旧広瀬家住宅は,住友家(本店)の初代総理人を務めた広瀬宰平の建設した住宅である。明治20年代に移築・新築併せて全体が整備された。
 敷地の東側に表門を開き,その西奥に主屋が建ち,これに続いて新座敷,離れを設けるほか,敷地周囲に乾蔵,金物蔵・米蔵,門番所を配している。
 2階建の主屋は,2階座敷を望煙楼と称し,新座敷は,大工棟梁八木甚兵衛の手になり,いずれも数寄屋風の意匠を凝らした上質なつくりである。
 旧広瀬家住宅は敷地内の建築がほぼすべて残り,改造もほとんどなく,明治中期の大規模和風住宅の姿を今日に伝える遺構として貴重である。
 主屋及び新座敷は,眺望を意識した部屋を複数持つなど,住宅機能のみに留まらず迎賓館としての役割を兼ね備えた構成も特徴的であり,高い価値がある。

Related Works

Search items related to work chosen