赤木家住宅(宮崎県児湯郡都農町) 蔵 あかぎけじゅうたく くら

住居建築 / 江戸 / 九州 

宮崎県
江戸末期/1844
桁行13.1m、梁間4.4m、切妻造、桟瓦葺
1棟
宮崎県児湯郡都農町大字川北4942番地
重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:
重要文化財

赤木家は,在郷町として栄えた都農町にある商家で,住宅は豊後街道に面して建ち,本陣としても利用された。
 天保15年(1844)に完成した主屋を中心に,江戸末期の蔵や納屋などが残る。
 主屋は,西面に角屋,北面に突出部をもつ規模の大きい複雑な構成をもち,座敷には端正な床・棚・付書院を構えている。
 蔵は2階建の大型の建物で,納屋は腰を高い石積とするのが特色である。
 赤木家住宅は,本格的な座敷飾りを構えた接客空間を備え,全体に質も高く,豊後街道筋に残る本陣の機能を兼ね備えた民家建築として,高い価値がある。
 附属屋や宅地外周に重厚な石垣が残り,江戸末期の屋敷構えをよく伝えている点も貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

赤木家住宅(宮崎県児湯郡都農町) 蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤木家住宅(宮崎県児湯郡都農町) 納屋
赤木家住宅(宮崎県児湯郡都農町) 主屋
武知家住宅(徳島県名西郡石井町) 西藍床
武知家住宅(徳島県名西郡石井町) 庫蔵
星名家住宅(新潟県中魚沼郡川西町) 雑蔵(第六号蔵)
ページトップへ