秋田の竿灯 あきたのかんとう

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19800128
保護団体名:秋田市竿灯会
備考:公開日:毎年8月5~7日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
重要無形民俗文化財

竿灯は、長い竹竿に9本の横竹を結び、46個の提灯を吊したものを、若者が囃子に合わせて腰や肩、額などに乗せ、さまざまな姿であやつるものである。竹竿には大、中、小とあり、大若、中若、小若と呼び年齢別で分担する。竹竿の先端には秋田八幡神社から受けた霊符のついた御幣が立ててあり、これは8日早朝にはずして旧雄物川に流す。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

秋田の竿灯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花輪祭の屋台行事
大畑のからかさ万灯
三戸のオショロ流し
猪俣の百八燈
魚津浦のタテモン行事
ページトップへ