三河万歳 みかわまんざい

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:19951226
保護団体名:三河万歳連合保存会 
 安城の三河万歳保存会
 西尾市三河万歳保存会
 幸田町三河万歳保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 万歳は新春に家々を訪れ祝言を述べる代表的祝福芸で、古くは千秋万歳【せんずまんざい】とよばれる芸能であった。
 三河万歳の起源には諸説あってつまびらかではないが、少なくとも室町期には畿内の万歳が現西尾【にしお】市森下【もりした】と現安城市西別所【にしべつしよ】に伝わっていたものと考えられる。その後江戸時代には、徳川氏の出身地ということで格別の保護を受け、陰陽道の本家土御門【つちみかど】家の免許を受けて、江戸および関東一円を苗字帯刀御免【みようじたいとうごめん】で巡回する特権を認められていた。特に正月には必ず江戸城に参仕して、万歳師が門外より「鍵いらず戸ざさる御代の明けの春」と唱え、門内より「思わず腰をのばす海老錠」と答えて、めでたく城門を開くのが吉例となっていたという。幕府の保護を失った明治維新後は一時衰退するが、神道教導職【しんとうきようどうしよく】として復活し、昭和の前期頃までは、正月から広く関東各地を巡業していた。
 その芸態は、中啓【ちゆうけい】を持った太夫と鼓を持った才蔵とのコンビで、才蔵の鼓にあわせて太夫が祝言を述べて舞ったり、言葉の言い立てや滑稽な掛け合いを基本とするが、演目によっては太夫一人に才蔵が複数ついたり、太刀持ちや支配役が並ぶ場合もある。なお正式な装束としては、太夫は大紋【だいもん】に風折烏帽子【かざおりえぼし】、才蔵は素襖【すおう】に侍烏帽子【さむらいえぼし】を着用し、略式の場合は、太夫は狩衣【かりぎぬ】または浅黄【あさぎ】色の素襖に立烏帽子【たてえぼし】、才歳は羽織袴に大黒頭巾【だいこくずきん】を着ける。
 伝…

関連リンク

三河万歳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三河万歳
尾張万歳
越前万歳
秋田万歳
野大坪万歳
ページトップへ