鮒鶴新館 ふなつるしんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1932
鉄骨造4階地下1階建、鉄板葺、建築面積278㎡
1棟
京都府京都市下京区東木屋町通松原上る美濃屋町182-1他
登録年月日:20120813
株式会社鮒鶴
登録有形文化財(建造物)

本館の南に接続する鉄骨造四階建。緩勾配の入母屋造鉄板葺で破風を川側に見せる。川側三階までは縁と手摺で本館と意匠を揃え、三階庇上に唐破風を飾る。西側の三階建突出部はスクラッチタイル張で洋風の意匠も取入れる。近代の新構造に和風意匠をまとう。

作品所在地の地図

関連リンク

鮒鶴新館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鮒鶴本館
鮒鶴南門
壽ビルディング
吉田山荘(旧東伏見家住宅)本館
鳥彌三新座敷
ページトップへ