マン・レイのポートレイト まん・れいのぽーとれいと

写真 

スティーグリッツ、アルフレッド (1864-1946)
すてぃーぐりっつ、あるふれっど
アメリカ
1915年頃
ゼラチン・シルバー・プリント
27.9×20.3cm
1

マン・レイは自伝の中で、スティーグリッツのこのポートレイトの準備のことを細かく記述している。写真は1981年にマン・レイのスタジオで発見され、マン・レイ自身の署名やスタジオ・スタンプが無いことから、この作品が他の写真家によって撮影されたものであろうといわれている。しかし作風という観点から、指折りのスティーグリッツの専門家――ピーター・バンネルとサラ・グリーナフ――は、スティーグリッツの作品であるとすることを躊躇している。現在もこの問題には明確な結論はでていない。

作品所在地の地図

関連リンク

マン・レイのポートレイトチェックした作品をもとに関連する作品を探す

隣(りあう)金属製の水車のある橇の後ろのマルセル・デュシャン
マルセル・デュシャンとジョセフ・ステラ
解剖台の上でミシンとこうもり傘が偶然出会ったように美しい
カサッティ侯爵夫人/わが魂の肖像
チェスをするマルセル・デュシャンとラウル・ド・ルシー
ページトップへ