文化遺産オンライン

舞楽装束 襠當

ぶがくしょうぞく りょうとう

作品概要

舞楽装束 襠當

ぶがくしょうぞく りょうとう

染織 / 日本

日本

江戸時代/19世紀

金襴 刺繍

身丈102cm 肩幅57cm

1領

〒252-8538 神奈川県相模原市南区麻溝台1900

染織・装身具 日本(1900年以前)

女子美術大学

納曽利の装束のうちの襠当。右方(高麗楽)の最高峰である納曽利は、左方(唐学)に代表的な「蘭陵王」と番舞*の舞曲である。納曽利は、紺青色の龍頭を模した舞楽面をつけ、銀色のばちを持つ。装束は黄系の紗地に窠文を刺繍した袍、襠当、帯、兜からなる。*番舞とは左方と右方の舞曲を組み合わせて一番(ひとつがい)にしたものを指す。

旧カネボウコレクション2201-5

舞楽装束 襠當をもっと見る

女子美アートミュージアムをもっと見る

キーワード

有識 / 装束 / 舞楽 /

関連作品

チェックした関連作品の検索