堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 西門 ほりけじゅうたく にしもん

住居建築 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸後期/1801-1900
桁行3.0m、梁間2.5m、切妻造、本瓦葺
1棟
兵庫県たつの市龍野町日飼字前垣内291番、293番、294番
重文指定年月日:20130807
国宝指定年月日:
重要文化財

堀家住宅は、龍野の城下町から揖保川を挟んだ東岸の龍野町日飼に所在する。堀家は旧日飼村の庄屋を務めた豪農で、近世には菜種などの流通で財をなした。主屋は敷地の中心に建ち、主屋の周囲を長屋門や座敷、多数の土蔵がとり囲むように建つ。主屋の東には農作業用のコナシ部屋や牛小屋も残る。主屋は、明和4年(1767)の建設で、周囲の長屋門や土蔵群は幕末までに順次建設された。堀家住宅は、年代が明らかなものとして播磨地方で最古の主屋をもち、近世に成立した屋敷構えが、破格の規模で維持されており貴重である。当地域の大規模農家の代表例として高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 西門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 長屋門
堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 四番蔵
堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 三番蔵
堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 浜蔵
堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 乾蔵
ページトップへ