千田家住宅石蔵 ちだけじゅうたくいしぐら

建造物 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1930頃
石造2階建、建築面積33㎡
1棟
宮城県気仙沼市南町2-122-1
登録年月日:20140425
登録有形文化財(建造物)

主屋の東側北寄りに東西棟で建つ。石造二階建で南に土蔵が接続する。「塩釜石」と称する凝灰岩を布積とする。窓の庇に幾何学形状の持送りを付け、軒蛇腹を人造石研出し仕上げとするなど凝った意匠である。前年の大火後に建てられ、耐火性を意識した石蔵である。

作品所在地の地図

関連リンク

千田家住宅石蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

千田家住宅土蔵
篠原家住宅石蔵
橋本酒造石蔵
木下半助商店石蔵
阿部家住宅石蔵
ページトップへ