文化遺産オンライン

旧高畠鉄道高畠駅本屋及びプラットホーム

きゅうたかはたてつどうたかはたえきほんやおよびぷらっとほーむ

作品概要

旧高畠鉄道高畠駅本屋及びプラットホーム

きゅうたかはたてつどうたかはたえきほんやおよびぷらっとほーむ

建造物 / 昭和以降 / 東北

山形県

昭和前/1934

本屋 石造一部鉄筋コンクリート造2階建、建築面積134㎡ プラットホーム 石造、延長68m

1棟

山形県東置賜郡高畠町大字高畠1574

登録年月日:20160801

高畠町

登録有形文化財(建造物)

奥羽線と高畠町を結ぶために作られた高畠鉄道の中心駅。本屋は地域の凝灰岩(高畠石)を主構造材とするが、梁、スラブには鉄筋コンクリートを併用。背面側には石造ホーム等が付属する。特徴ある色彩と造形の外観で、地域のランドマークとして親しまれている。

関連作品

チェックした関連作品の検索