文化遺産オンライン

林家住宅主屋

はやしけじゅうたくしゅおく

作品概要

林家住宅主屋

はやしけじゅうたくしゅおく

建造物 / 明治 / 近畿

京都府

明治/1902

木造2階建、瓦葺、建築面積104㎡

1棟

京都府京都市上京区今小路通七本松西入二丁目東今小路町751-4他

登録年月日:20160801

登録有形文化財(建造物)

間口四間奥行約五間半で、切妻造平入の総二階建。正面中央の三畳間から土間や居室部を経ずに離れと結び、二階の四畳半板間は踊りの舞台も兼ねるなど、お茶屋建築の特色ある平面構成である。二階の座敷はそれぞれ松と鶴を主題に意匠を整えている。

林家住宅主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

京都 / / 上京 /

関連作品

チェックした関連作品の検索