「松陰に寝てくふ六十よ州かな」 「まつかげかげにねてくふろくじゅうよしゅうかな」

小林一茶
こばやしいっさ
文化9年 2月
<形態>短冊額
本紙(縦330×横55)
<図録>16
<真贋>真蹟
<所収文献>『七番日記』
<レプリカ有無>○
<寄贈>久保田ひろ志

作品所在地の地図

関連リンク

「松陰に寝てくふ六十よ州かな」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「名月やわけて男松の勇ミ声」(稲長、皐鳥の句も)
「江戸川や人よけさせて浮寝鳥」
「蝶とぶや此世の望ないやうに」
「たのしびも愁ひもともに三か月のそりのあふたる隣をもがな」 (俳諧歌)
「春雨や阿ひに相生の松の声」
ページトップへ