狆を抱く女 ちんをだくおんな

木版画 / 江戸 

歌川国丸 (1793-1829)
うたがわくにまる
江戸時代、文化12年~天保13年/1815年~1842年
紙本木版色摺
74.0×24.9
縦2枚続


来歴:別車博資→別車家→1994神戸市立博物館

参考文献:



【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

狆を抱く女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八花魁 猫一角 初代中むら雀右衛門 犬むら角太郎 二代目尾上多見蔵 犬飼現八 二代目嵐璃■ 女房雛鶴 三代目藤川友吉
犬山道節 二代目尾上多見蔵 山内影貞 二代目嵐璃■ 毛のはは 初代中むら歌六 犬坂毛乃 二代目嵐璃寛
斧定九郎 三代目嵐璃寛 早野勘平 市川市紅
大判事 四代目中村歌右衛門 久我之助 初代実川延三郎 定高 四代目三桝大五郎 ひな鳥 二代目中山南枝
石井源蔵 二代目嵐瑠■ 飯田由兵衛 初代実川延三郎
ページトップへ