清水文太郎肖像 しみず ぶんたろう しょうぞう

絵画  油彩画 / 大正 / 日本  中部  石川県 

中川 一政 (1893-1991)
なかがわ かずまさ
石川県
大正8年/1919
油彩/カンヴァス
<画面等寸法>45.8×38.0
1
日本,石川県白山市旭町61番地1
<英字(仮)>Portrait of SHIMIZU Buntaro
<初出等>『中川一政油彩全作品集』2007,美術出版社,no.11
<所有者-来歴>寄託資料

モデルの清水文太郎は、中川一政の母の実家・清水家の当主。清水家は、石川県石川郡御手洗(みたらし)村 相川新(そうごしん)(現・白山市(松任地区)相川新町)にあり、同地で写生した作品に「松任・相川新の風景(まっとう・そうごしんのふうけい)」1915年がある。中川は、1915年岸田劉生らを中心とする草土社の設立に参加しており、本作はその影響が見てとれる。

作品所在地の地図

関連リンク

清水文太郎肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松任・相川新の風景
松任・相川新の風景

中川 一政

中川正儀像
中川正儀像

中川 一政

長崎風景
長崎風景

中川 一政

風景
風景

中川 一政

長崎風景
長崎風景

中川 一政

ページトップへ