Knife

Details

Knife

Archaeology / Kofun / Okayama

Place excavated:Excavated at Kurohimeyama Tumulus, Mizuhara, Niino Yamagata, Tsuyama-shi, Okayama

Kofun period, 6th century

Iron

残存長10.7、刀身部幅1.5、棟部幅0.6、茎部残存長3.9

1個

刀子は現在のナイフにあたる短い刃物である。肉や野菜を調理する包丁や、木器や埴輪を作る加工具として様々な用途に用いられた。古墳時代では数多くの古墳から出土しており、副葬品としては一般的である。

Search by Knife

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Tsuyama / Okayama / 津山 / 水原

Related Works

Search items related to work chosen