旧大沼家住宅 表門 きゅうおおぬまけじゅうたく おもてもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 東北 

宮城県
明治/1899
一間薬医門、切妻造、桟瓦葺、北方袖塀、南方潜戸及び土塀附属、鉄板葺
1棟
宮城県柴田郡村田町大字村田字町191番地
重文指定年月日:20180817
国宝指定年月日:
村田町
重要文化財

 旧大沼家住宅は宮城県南部の村田町村田伝統的建造物群保存地区内に所在する。近世に紅花商,近代には味噌や醤油の製造販売等で財をなした大沼家の店舗及び住宅である。
 敷地前面に重厚な意匠の店 (明治7年建築)と表門(同32年)を並べる豪壮な表構え,格調ある店の内部構成,店の背後に建つ本宅(大正5年建築)の形式などに,近代に発達した当地区の商家建築の特徴をよく示す。また敷地奥に土蔵群を一列に並べ,その向かい側に前座敷などを配する建物配置は,当地区の最上層商家の特徴を備えている。近世以来の屋敷構えの変遷も概ね明らかで,東北地方における大規模商家建築の発展の様相を理解するうえで高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧大沼家住宅 表門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧大沼家住宅 作業場
旧大沼家住宅 塩蔵
旧大沼家住宅 本宅
旧大沼家住宅 穀蔵
旧大沼家住宅 内蔵
ページトップへ