文化遺産オンライン

西方寺木枯亭

さいほうじこがらしてい

概要

西方寺木枯亭

さいほうじこがらしてい

宗教建築 / 近畿 / 三重県

三重県

明治/1868~1882

木造平屋建、瓦葺、建築面積85㎡

1棟

三重県鈴鹿市寺家三丁目2904

登録年月日:20200403

宗教法人西方寺

登録有形文化財(建造物)

市東部の伊勢湾沿岸に位置し、境内東寄りに建つ本堂の西側に接続し南面して建つ。木造平屋建、切妻造桟瓦葺で、正面本堂寄りに式台玄関を突出する。内部正面側に鞘の間、奥は二列に二室ずつ配し、西側二室には床、棚を備えるなど、境内を構成する上質な書院。

西方寺木枯亭をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 瓦葺 / 平屋 / 玄関

関連作品

チェックした関連作品の検索