文化遺産オンライン

雛形若菜の初模様・玉や内しら玉

ひいながたわかなはつもよう たま うち たま

作品概要

雛形若菜の初模様・玉や内しら玉

ひいながたわかなはつもよう たま うち たま

絵画 / 江戸

礒田湖龍斎筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

1枚

 「雛形若菜初模様」は、礒田湖龍斎の代表的なシリーズで、100枚以上が知られている。吉原の高名な花魁(おいらん)を描いたもので、流行の着物や髪形などを描いたファッションブックとしての役割も持っていた。同じタイトルで、鳥居清長や勝川春山も描いている。

雛形若菜の初模様・玉や内しら玉をもっと見る

礒田湖龍斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

礒田 / Koryusai / Isoda / 若菜

関連作品

チェックした関連作品の検索