平家納経 厳王品 第二十七(模本) 松永本 へいけのうきょう ごんのうぼん もほん

その他の画像全12枚中12枚表示

 / 大正  昭和以降 

田中親美模写
大正~昭和時代・20世紀、原本:平安時代・長寛2年(1164)
彩箋墨書
1巻

田中親美は、「平家納経」全33巻の模本を5組作ったことが確認されています。本作はその5組とは別に、「厳王品」1巻のみ制作したものと考えられます。実業家で茶人だった松永耳庵(安左エ門、1875~1971)が所蔵していました。ルビ:まつながじあん、やすざえもん

作品所在地の地図

関連リンク

平家納経 厳王品 第二十七(模本) 松永本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紫紙金字金光明最勝王経 巻第六
褐釉瓢形火入
厳島経巻(模本)
厳島経巻(模本)

前田氏実模

地獄草紙
三島茶碗
ページトップへ