旧久邇宮邸(聖心女子大学) 御常御殿・小食堂 きゅうくにのみやてい(せいしんじょしだいがく) おつねごてん・しょうしょくどう

その他の画像全5枚中5枚表示

住居建築 / 大正 / 関東 

東京都
大正/1918,1924
木造、建築面積711.75㎡、一部二階建、桟瓦葺
1棟
東京都渋谷区広尾四丁目1番地4
重文指定年月日:20171128
国宝指定年月日:
学校法人聖心女子学院
重要文化財

 旧久邇宮邸は,久邇宮家2代邦彦王が営んだ本邸である。大正7年の竣工後,戦災等で一部焼失したが,小食堂や玄関,大正13年築の御常御殿は焼失を免れた。御常御殿の設計は,台湾総督府庁舎などを手がけた森山松之である。
 旧久邇宮邸の建物は,各所に社寺建築の細部を取り入れるとともに,上質な座敷飾,透彫欄間などを備え,格天井には前田青邨らの絵画を飾る。また様々な銘木と高度な木工技術を駆使し,和洋の意匠を巧みに織り交ぜて,壮麗かつ気品を備えた室内空間を創出している。和風を基調として建築された宮家の本邸としては唯一の残存例であり,皇室建築の系譜を考える上で,高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

旧久邇宮邸(聖心女子大学) 御常御殿・小食堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧久邇宮邸(聖心女子大学) 正門
旧馬場家牛込邸
旧前田家本邸 茶室待合
旧朝香宮邸 茶室
旧前田家本邸 和館渡廊下
ページトップへ