Syoron

Details

Syoron

calligraphy / Edo / Japan

Maki Ryoko (1777~1843)

まきりょうこ

Edo

巻菱湖が27歳の時に、書と詩に対する自分の考えを記したもの。現在は軸仕立になっているが、文中に『詩巻の終わりに書いた』と記させていることから、元は巻子状のもで、この部分のみ切断されたと思われる。これは、漢詩人の柏木如亭の弟子である高梨聖誕が菱湖と遊んだとき、聖誕の詩巻の終わりに挨拶がてら書論を書いたものかと思われる。

Search by Syoron

Search by Maki Ryoko

Search by Maki Ryoko Calligraphy Museum

Keywords

/ / 法帖 / 刊行

Related Works

Search items related to work chosen