波乗船音宝曽我 行徳浜の場

二代歌川国貞
文久3/1863
<判組>大判横3枚続

役者絵。江戸守田座上演の際のもの。行徳の浜辺で信乃と現八を救ったあと、小文吾(中村芝翫)が房八(市川市蔵)と格闘する場面だが、脚色によって犬坂毛野(岩井粂三郎)が加えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

波乗船音宝曽我 行徳浜の場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

波乗船音宝曽我 富山の場
行徳浜辺の場
行徳浜辺の場

三代歌川豊国

若樹梅里見八総 行徳浜辺の場
八犬伝里見の八房
八犬伝里見の八房

二代歌川国貞

波乗船音宝曽我 行徳古那屋の場
ページトップへ