文化遺産オンライン

往古うハなり打の図

おうこ うち ず

作品概要

往古うハなり打の図

おうこ うち ず

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・嘉永5年(1852)8月

大判 錦絵 3枚続

1枚

後妻打(うわなりうち)は、前妻が後妻の家に親類や友人らと押しかける風習をいう。室町時代に行われたが江戸時代には廃れた。ここでは「往古」と冠し、古き風習をコミカルに描いている。笊(ざる)や杓文字(しゃもじ)など当時の様々な生活道具が描写されているのも興味深い。

往古うハなり打の図をもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Hiroshige / 錦絵 / 広重 / 大判

関連作品

チェックした関連作品の検索