【梅初春五十三駅】薄雲の霊 尾上菊五郎 うめのはつはるごじゅうさんえき うすくものれい おのえきくごろう

木版画 / 江戸 

長谷川貞信 (1809-1879)
はせがわさだのぶ
江戸時代、天保12年/1841年
紙本木版色摺
36.5×24.2
1枚
「ほとゝきす 迷ふて来たる 恋路かな 梅幸」

来歴:朝田祥次郎コレクション→1986神戸市立博物館

参考文献:



【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

【梅初春五十三駅】薄雲の霊 尾上菊五郎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

【柵自来也談】自来也 三代目中村歌右衛門 「春の香は 残らぬ梅の もみち哉 梅玉」
【隅田川花御所染】 清玄尼 五代目岩井半四郎 惣太 五代目松本幸四郎 松若 七代目市川団十郎
【東海道四谷怪談】直助権兵衛 二代目関三十郎 お岩の亡霊 五代目坂東彦三郎 他
岩井半四郎七役之内 油屋おそめ でつち久松 妙昌 おさく おみつ お染姉竹川 土手のお六 五代目岩井半四郎
(五人男・五代目岩井半四郎 三代目坂東三津五郎 七代目市川団十郎 二代目沢村田之助 三代目尾上菊五郎 
ページトップへ