金剛寺 鎮守社鐘楼 こんごうじ ちんじゅしゃしょうろう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸中期
桁行一間、梁間一間、袴腰付、切妻造、本瓦葺
1棟
大阪府河内長野市天野町
重文指定年月日:20191227
国宝指定年月日:
天野山金剛寺
重要文化財

金剛寺は,河内長野市街の西方に位置する真言宗御室派の大本山寺院である。平安末期に高野山から阿観が入り,伽藍を整えた。天野川の西に伽藍を構え,阿観の創建と伝える上々壇の五仏堂や薬師堂は慶長11年(1606)の再建で,護摩堂や法具蔵はこのとき整備された。求聞持堂や開山堂は元禄13年(1700)の建立で,このとき境内のほとんどの建物に修理が施された。東の天野山に祀る鎮守社は慶長の建立で,その配置は中世山岳寺院での鎮守のあり方を偲ばせる。
金剛寺には,江戸時代中期までに建立された建物が群をなして維持されており,高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

金剛寺 鎮守社鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金剛寺 鎮守社拝殿
金剛寺 旧真福院表門
金剛寺 旧理趣院表門
金剛寺 鎮守水分明神社本殿
金剛寺 鎮守丹生高野明神社本殿
ページトップへ