文化遺産オンライン

自隅田川望南之図

すみだがわよりみなみをのぞむず

作品概要

自隅田川望南之図

すみだがわよりみなみをのぞむず

銅版画 / 江戸

亜欧堂田善  (1748-1822)

あおうどうでんぜん

江戸/19世紀初期

銅版墨摺

13.9×20.5

1枚



来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

この江戸鳥瞰図は、隅田川の東岸上空から俯瞰したもので、拡大するとびっしりと描きこまれた家屋の合間にカタカナの地名表記もところどころに散りばめられています。3種類ある田善の銅版画シリーズでは中間の大きさのひとつ。これと同じ大きさの作品が他に4点知られています(東叡山勝地図、金龍山浅草寺之図、榎坂溜池之景、佃浦風景)。

【江戸の絵画】

自隅田川望南之図をもっと見る

亜欧堂田善をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

亜欧堂田善 / 銅版 / シリーズ / 小形

関連作品

チェックした関連作品の検索