旧田代家西洋館 たしろけせいようかん

その他の画像全5枚中5枚表示

住居建築 / 明治 / 九州 

佐賀県
明治/1876
木造、建築面積85.01㎡、二階建、桟瓦葺
1棟
佐賀県西松浦郡有田町幸平一丁目1386番地1
重文指定年月日:20181225
国宝指定年月日:
有田町
重要文化財

 旧田代家西洋館は,有田町有田内山伝統的建造物群保存地区内に所在する。有田を代表する貿易商の田代家が,外国人の接待や宿泊のため明治9年に建築し,堂宮大工の丹宗藤左衛門が棟梁を務めた。
 木造2階建,桟瓦葺,外壁は漆喰塗で,正面に円柱を並べて1階をポーチ,2階をベランダとして,窓に色ガラスを用いたアーチ形の欄間を飾るなど洋風の外観とする。内部も洋風意匠を取り入れながら,構造や細部に近世以来の伝統技術を採用し,居室を畳敷とするなど,明治初期に建てられた擬洋風建築の特徴をよく示している。住宅系の擬洋風建築として貴重な現存例であるとともに,製磁業などで繁栄した近代初頭の有田における商取引の様相を知る上で,高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧田代家西洋館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有田町有田内山
旧鶴岡警察署庁舎 旧鶴岡警察署庁舎
旧開智学校校舎
有田町有田内山(製磁町 佐賀)
四階楼
ページトップへ