文化遺産オンライン

歌撰戀之部・深く忍恋

かせんこいのぶ ふか しのぶこい

作品概要

歌撰戀之部・深く忍恋

かせんこいのぶ ふか しのぶこい

絵画 / 江戸

喜多川歌麿筆

江戸時代・18世紀

大判 錦絵

1枚

「歌撰戀之部」は、背景を紅雲母摺(べにきらずり)とした美人大首絵5枚揃いシリーズで、歌麿は女性の年齢や表情、仕草を描き分け恋する女性の心の襞までを描き出そうとしている。本図は歯に鉄漿(おはぐろ)を付けた年増の婦人。寛政(1789~1801)中頃制作の、歌麿の代表作。

歌撰戀之部・深く忍恋をもっと見る

喜多川歌麿筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

歌麿 / 喜多川 / Utamaro / Kitagawa

関連作品

チェックした関連作品の検索