文化遺産オンライン

埴輪 鶏

はにわ とり

作品概要

埴輪 鶏

はにわ とり

考古資料 / 古墳 / 栃木県

出土地:栃木県真岡市 鶏塚古墳出土

古墳時代・6世紀

高 53.8cm

1個

鶏形埴輪は夜明けに鳴く雄鶏が多く、8世紀に成立した『記紀』にも時間を区切り朝を告げる常夜の長鳴鳥が登場します。古代人にとって鶏と時間の観念の結びつきは深いようで、鶏形埴輪は古墳時代の鶏に対する信仰や特別な意識を反映したものと考えられます。

埴輪 鶏をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

真岡 / 埴輪 / 古墳 / Tochigi

関連作品

チェックした関連作品の検索