文化遺産オンライン

八松双鷹図

はっしょうそうようず

作品概要

八松双鷹図

はっしょうそうようず

絵画 / 江戸

山本梅逸筆

江戸時代・嘉永5年(1852)

絹本墨画淡彩

129.1×56.5

1幅

 山本梅逸は、名古屋の南画家。技巧的で美しい彩色の花鳥画を得意としたが、山水画にも水準の高い作品を残した。みずから「八松双鷹図」と箱書きするこの図は、「壬子之秋」の款記から嘉永5年、梅逸70歳の作と知られ、晩年の基準作として貴重である。  

八松双鷹図をもっと見る

山本梅逸筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索