医心方 いしんぽう

その他の画像全49枚中16枚表示

 / 平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 

平安時代・12世紀~江戸時代・17世紀
紙本墨書
30巻、1冊
国宝

鍼博士の丹波康頼が隋・唐の医書より引用、撰述し、永観2年(984)に円融天皇に奏進した現存するわが国最古の医書。本書は、16世紀に正親町天皇が典薬頭半井瑞策に与えた平安時代の最古写本。天養2年(1145)加点本25巻と、紙背文書のある別本2巻に大別される。(ルビ:たんばやすより おおぎまち てんやくのかみ なからいずいさく)2005/10/12_h21

作品所在地の地図

関連リンク

医心方チェックした作品をもとに関連する作品を探す

医心方(半井家本)
日本書紀 巻第十残巻
延喜式
黄帝内経太素〈巻第二十一、第二十七〉
延喜式(九條家本)
ページトップへ