文化遺産オンライン

法隆寺金堂

作品概要

法隆寺金堂

写真 / 明治

横山松三郎撮影

明治5年(1872)

鶏卵紙、台紙付写真

22.0×28.0(27.9×36.3)

1枚

銘文:表:法隆寺金堂(墨)、貼紙「法隆寺金堂」/裏:拾枚之内(墨)

重要文化財

 撮影技術はコロジオン湿板法である当時のレンズは暗く湿板の感度も低いため、室内での撮影は困難であり、このように屋外で建造物を撮影したものが多い。印画紙は紙質が薄く、柔軟性に富む鶏卵紙が使用されているためすべて台紙貼りの装丁となっている。 

法隆寺金堂をもっと見る

横山松三郎撮影をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

法隆寺 / 金堂 / / 拾る

関連作品

チェックした関連作品の検索