井上家住宅 いのうえけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 岡山県 

正徳
倉敷市本町1番40号
個人
国指定・建造物

倉敷川畔の重要伝統的建造物群の中でも代表的な町家の一つで倉敷市の本町通りに面して建っています。主屋の建築年代は江戸時代の正徳年間(1711~1716)前後と推測されます。 南面2階外壁にある7つの倉敷窓には防火用のためと思われる扉(土扉)がついています。これは現存する倉敷の町屋の中では井上家住宅だけのものです。また、建物の構造的にも小屋組の登梁り形式で束を併用しているなど非常に古い形を採用しており、特色のあるつくりになっています。現在、毎週日曜日に建物内を一般開放しています。

関連リンク

井上家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

井上家住宅(岡山県倉敷市本町) 主屋
倉敷館
旧鈴木家住宅(愛知県豊田市足助町) 大工小屋
旧鈴木家住宅(愛知県豊田市足助町) 門屋
旧鈴木家住宅(愛知県豊田市足助町) 主屋
ページトップへ