文化遺産オンライン

脚絆

きゃはん

作品概要

脚絆

きゃはん

北海道アイヌ

19世紀

アットゥシ・木綿併用

(1)長29.5_上端19_下端16(2)長30.5_上端19_下端15.5

1対

脚絆をアイヌ語でホシという。ズボン形の衣類を持たないアイヌの人々は、海漁や山猟の際に脛(すね)を護るものとして、男女を問わずホシを身につけた。アットゥシや木綿、ガマなどさまざまな素材が用いられ、アップリケや刺繍などで美しく飾ったものが多い。

脚絆をもっと見る

北海道アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アイヌ / アットゥシ / Ainu / fiber

関連作品

チェックした関連作品の検索