二代目市川高麗蔵の曽我十郎と五代目市川団十郎の曽我五郎 ごだいめいちかわだんじゅうろう そがごろう にだいめ いちかわこまぞう そがじゅうろう

絵画 / 江戸 

一筆斎文調筆
江戸時代・明和8年(1771)
細判 錦絵
1枚

江戸歌舞伎の三座では、新春の吉例として曽我狂言が上演された。本図は、明和8年(1771)正月中村座『堺町曽我年代記』の虚無僧姿の対面。江戸歌舞伎全盛時代を代表する名優五代目市川団十郎が五郎を、後に四代目松本幸四郎を襲名する二代目市川高麗蔵が十郎を演じた。

作品所在地の地図

関連リンク

二代目市川高麗蔵の曽我十郎と五代目市川団十郎の曽我五郎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

惶弓勢源氏 目黒不動明王 二代目市川海老蔵、四代目市川団十郎、二代目中村伝九郎
五代目市川団十郎の菅公天拝山
五代目市川団十郎の大紋着抜身持ち
七代目市川団十郎の文覚と五代目松本幸四郎の不動明王
市川団十郎の竹抜き五郎
ページトップへ