文化遺産オンライン

茶汲女

作品概要

茶汲女

絵画 / 江戸

礒田湖龍斎筆

江戸時代・18世紀

1

李夫人の死を悲しんだ漢の孝武帝が焚いた香の中に夫人が現れたと言う「反魂香」の故事と、それをもとに元禄11年に上演された歌舞伎「けいせい浅間嶽」の遊女奥州の恋の執念をふまえ、遊女と若衆の恋模様を描く。

茶汲女をもっと見る

礒田湖龍斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

礒田 / / / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索