茶汲女

絵画 / 江戸 

礒田湖龍斎筆
江戸時代・18世紀
1

李夫人の死を悲しんだ漢の孝武帝が焚いた香の中に夫人が現れたと言う「反魂香」の故事と、それをもとに元禄11年に上演された歌舞伎「けいせい浅間嶽」の遊女奥州の恋の執念をふまえ、遊女と若衆の恋模様を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

茶汲女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雛形若菜の初模様・玉や内しら玉
風流大和廿四孝・せんし
風流邯鄲枕
風流邯鄲枕

西村重長筆

臥龍梅
臥龍梅

鈴木春信筆

雛形若菜の初模様・丁子屋内名山
ページトップへ