假名手本忠臣蔵・初段 かなでほんちゅうしんぐら しょだん

絵画 / 江戸 

葛飾北斎筆
江戸時代・文化3年(1806)
横大判 錦絵
1枚

鶴ヶ岡八幡宮で新田義貞の「兜(かぶと)改め」を行った塩冶判官の妻顔世に高師直が言い寄り、それを見ていた桃井若狭之助が止めにはいったことで、師直の恨みを買います。『仮名手本忠臣蔵』のはじまりが、遠く富士山を望む広々とした景色を背景に描かれています。

作品所在地の地図

関連リンク

假名手本忠臣蔵・初段チェックした作品をもとに関連する作品を探す

假名手本忠臣蔵・五段目
假名手本忠臣蔵・七段目
假名手本忠臣蔵・二段目
假名手本忠臣蔵・三段目
假名手本忠臣蔵・四段目
ページトップへ