大田切橋梁 おおたぎりきょうりょう

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 中部 

新潟県
明治/1887
石造及び煉瓦造、橋長80m、拱渠延長94m、拱渠幅員7.6m、翼壁付
1基
新潟県妙高市大字坂口新田字坂ガケ657-1~大字二俣字東熊堂435-5
登録年月日:20210204
えちごトキめき鉄道株式会社
登録有形文化財(建造物)

関川水系太田切川最下流部を横断する鉄道橋。スパン七・六メートルの単アーチ橋で、アーチ部を煉瓦積、側壁等をブラフ積風とするインバート付の精緻な構造体と高さ三メートル超の盛土からなる。建設担当は本間英一郎で、鉄道創業時代の国の技術水準を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

大田切橋梁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

くま川鉄道岩清水アーチ橋
くま川鉄道平原アーチ橋
滝沢川橋梁
旧綱ノ瀬橋梁及び第三五ヶ瀬川橋梁 旧綱ノ瀬橋梁
龍洞院架道橋
ページトップへ