文化遺産オンライン

名所江戸百景・上野山内月のまつ

めいしょえどひゃっけい うえのさんないつき

作品概要

名所江戸百景・上野山内月のまつ

めいしょえどひゃっけい うえのさんないつき

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・安政4年(1857)

大判 錦絵

37.2×25.5cm

1枚

 画面の前景に不忍池の岸辺、上野清水観音堂の近くに生える奇松を大きく描いています。その枝がつくる輪の向こうに本郷台の町並や火の見櫓が望まれます。なおこの松は、明治初期に嵐で折れたと伝えられています。

名所江戸百景・上野山内月のまつをもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索