文化遺産オンライン

脚付短頸坩

きゃくつきたんけいかん

作品概要

脚付短頸坩

きゃくつきたんけいかん

考古資料 / 古墳 / 和歌山県

出土地:和歌山市 大同寺古墳出土

古墳時代・5世紀

土製

口径7.6㎝ 器高12.6㎝

1個

古墳時代中期(5世紀)は、朝鮮半島から製陶技術が伝わり、須恵器という硬質の土器が誕生した時代です。大同寺+だいどうじ+古墳例は、須恵器の祖型ともいえる、朝鮮半島産の陶質土器+とうしつどき+の可能性が高い土器です。

脚付短頸坩をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / 須恵 / / 朝鮮半島

関連作品

チェックした関連作品の検索