黒書院四の間東長押上貼付南より1

日本画 / 江戸 / 日本 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
縦155×横207
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院四の間 方角:東 内容:その他植物、扇
元離宮二条城
重要文化財

菊花図は、画面左方に土坡を背景として大小の垣根と白菊、紅菊を配し、中央部には流水を大きく描く。この部分では花の割合は少なくなっており、花自体も小ぶりである。右方には、柴垣に紅白の菊が配されている。右部分の花が柴垣とともに右からの風になびいているなど、全体に変化にとむ構成となる。扇面諸図は、左より、菊薄図(泥絵)、薄に萩図、桃図、波涛図、枯木に宿鳥図(墨画)、桔梗に薄図、雷文図、山水図(墨画)、墨竹図、楼閣山水図(墨画)、柴垣に蔦図、木瓜に小禽図、楼閣山水図(墨画)を描く計十三面である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院四の間東長押上貼付南より1チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院四の間東長押上貼付南より2
黒書院四の間東長押上貼付南より3
黒書院四の間北長押上貼付東より3
黒書院四の間北長押上貼付東より1
黒書院四の間北長押上貼付東より2
ページトップへ