中細形鉛矛 ちゅうぼそがたなまりぼこ

考古資料 / 弥生 / 佐賀県 

出土地:佐賀県唐津市 久里小学校敷地出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
鉛製
長64.3 ; 現存部 関幅4.8 ; 節帯長1.5 節帯幅3.7 重量1491g
1本

弥生時代の矛の多くは青銅で作られるが、本例は鉛を主成分とした極め稀なものです。鉛は青銅よりも融点が低く、加工し易いという特性をもつものの、実戦用の武器としては不向きな素材のため、鉛矛は当初から祭器として作られたと考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

中細形鉛矛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ