小型陶棺 こがたとうかん

考古資料 / 飛鳥  奈良 / 群馬県 

出土地:群馬県太田市太田字亀山出土
古墳(飛鳥)~奈良時代・7~8世紀
土製
総高29.8 ; 蓋 長29.9×43.0,高16.1,厚1.9 ; 棺 長29.1×39.4,高15.6
1個

6世紀以降に陶棺+とうかん+は、岡山県東部と近畿地方中央部を中心に作られるようになり、九州地方中部から東北地方南部にかけて分布します。この陶棺は、通有の陶棺よりも小型であり、遺骸+いがい+をそのまま納めたのではなく、蔵骨器+ぞうこつき+として使われた可能性が高いです。

作品所在地の地図

関連リンク

小型陶棺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小型陶棺
陶棺
墓誌・骨蔵器(奈良県佐井寺僧道薬墓出土)
硬玉勾玉
火熨斗
ページトップへ